妊婦の方は胎教でコミュニケーションしましょう

妊婦の方は胎教でコミュニケーションしましょう

妊婦の方は、赤ちゃんにとってよい胎教とはご存知でしょうか。

 

胎教はお腹の赤ちゃんに音楽や語りかけたりすると、心地よくなります。妊婦は大体妊娠5ヶ月目ぐらいから始めるのが多いようです。なぜ妊娠5ヶ月目かと言いますと、赤ちゃんの聴覚が発達する時期だからです。赤ちゃんは目に見えない分、耳で妊婦とコミュニケーションをとっています。なのでなるべく赤ちゃんに語りかけてあげましょう。

 

では胎教を行うにはどんなことをすればよいのでしょうか。胎教で多いのはクラシックの音楽を聴くことではないでしょうか。クラシックの音楽は妊婦や赤ちゃんの心をリラックスする効果がございます。クラシックの音楽を聴いていた赤ちゃんの方が産まれてきた時に落ち着いているのが多いと聞きます。

 

胎教の効果としては、赤ちゃんは3ヶ月ぐらいになると夜鳴きが始まる子が出てきますが、クラシックの音楽を聴いたことにより夜鳴きをしない赤ちゃんが多いようです。語りかけの胎教を行っていた赤ちゃんは早い段階で言葉をしゃべりだします。これは、お腹の中で妊婦とコミュニケーションをとっていたので耳にしっかり言葉が入っていたのかもしれません。しゃべるのが早いと意思表示ができるのでなるべくたくさん語りあげてください。それから胎教の効果としては出産にも影響があります。胎教をしっかり行っていると比較的安産になりやすいです。これは赤ちゃんが妊婦の状態を読み取っているのかもしれません。

 

ぜひ胎教を行って、赤ちゃんとコミュニケーションをとりましょう。

関連ページ

妊娠用のお守りで安産をしましょう
妊娠をした際に、神社でお守りをもらいに行きますがどんなご利益があるのでしょうか。
妊婦の方は産婦人科を口コミで探す
妊婦で産婦人科を選ぶ際に口コミで探している方はいらっしゃいませんか。
妊娠5ヶ月目の妊婦は帯祝いをしよう
妊娠5ヶ月目を迎える妊婦は、戌の日に帯祝いを行います。
妊娠5ヶ月目にはぜひ戌の日のお祝いをしよう
妊娠をしてから5ヶ月目に入ってやる行事が戌の日の安産祈願です。
妊婦の体調を管理しよう
妊婦の体調はしっかりしていますか。
妊婦の妊娠5ヶ月目に行うことについて考えていこう
妊娠5ヶ月目の妊婦の方はどのようにお過ごしでしょうか。
妊婦の方はマタニティを購入しよう
妊婦の方はマタニティの準備を行っていますか。
妊婦の方はマタニティウエアの通販を利用しよう
妊婦の方でマタニティウエアを通販して方はいませんか。