妊娠5ヶ月目の妊婦は帯祝いをしよう

妊娠5ヶ月目の妊婦は帯祝いをしよう

妊娠5ヶ月目を迎える妊婦は、戌の日に帯祝いを行います。

 

帯祝いとは、昔から伝わる儀式であり、安産を願って腹帯を巻きます。なぜ「戌の日」かと言いますと、犬は安産と呼ばれているので戌の日に帯祝いを行うことになりました。腹帯を巻いて、神社で安産のお祈りを行っています。帯祝いは家族や親戚などで集まってお祝いするのが多いようです。神社で安産祈願をした後は、親戚中が集まってお食事をするところもございます。帯祝いのお祝い品には腹帯を贈るのが主流です。でも最近では腹帯の他に、マタニティウエアや、育児書などをお祝いに贈っているかたも多くなってきています。

 

では、帯祝いの腹帯にはどのような効果があるのでしょうか。腹帯は「岩田帯」と呼ばれるものを使います。腹帯はお腹を固定させる効果があり、腰痛を和らげてくれます。それと赤ちゃんの位置を固定させる効果があります。妊娠5ヶ月目になると胎動が始まり、赤ちゃんが活発に動き始めます。妊婦にとって最初のコミュニケーションができたわけですが、段々お腹の蹴りが強くなってきて辛くなってくる方もいるようです。そこで腹帯を巻き、お腹への負担を軽くしております。

 

帯祝いは妊婦の安産と赤ちゃんの健康を願うお祝いでございます。帯祝いのお祝い品を頂いた際には、お返しをするようにしましょう。その場合は、出産後に赤ちゃんの元気な写真とともに一言添えるといいでしょう。

 

ぜひ妊娠5ヶ月目の妊婦は、家族や親戚で集まって帯祝いをしましょう。

関連ページ

妊娠用のお守りで安産をしましょう
妊娠をした際に、神社でお守りをもらいに行きますがどんなご利益があるのでしょうか。
妊婦の方は産婦人科を口コミで探す
妊婦で産婦人科を選ぶ際に口コミで探している方はいらっしゃいませんか。
妊娠5ヶ月目にはぜひ戌の日のお祝いをしよう
妊娠をしてから5ヶ月目に入ってやる行事が戌の日の安産祈願です。
妊婦の体調を管理しよう
妊婦の体調はしっかりしていますか。
妊婦の妊娠5ヶ月目に行うことについて考えていこう
妊娠5ヶ月目の妊婦の方はどのようにお過ごしでしょうか。
妊婦の方はマタニティを購入しよう
妊婦の方はマタニティの準備を行っていますか。
妊婦の方はマタニティウエアの通販を利用しよう
妊婦の方でマタニティウエアを通販して方はいませんか。
妊婦の方は胎教でコミュニケーションしましょう
妊婦の方は、赤ちゃんにとってよい胎教とはご存知でしょうか。