妊娠用のお守りで安産をしましょう

妊娠用のお守りで安産をしましょう

 

妊娠をした際に、神社でお守りをもらいに行きますがどんなご利益があるのでしょうか。妊娠して5ヶ月が経ったころ、戌の日の行事を行うかと思います。その際に初穂料を支払い、初穂料によって授与品が違ってきます。その際にもらうのがお守りです。お守りは神社によって違ってきます。シンプルなお守りもあれば、かわいいお守りもございます。

 

お守りのご利益として一般的には安産でございます。安産とは出産する際に、苦戦することなく産まれることが有名です。私も妊娠が発覚した際に、お守りをいただきに神社で安産祈願したのですが、そのご利益があってかスムーズな出産ができました。

 

お守りは出産後、返しにいくのが普通です。大体、お宮参りの時に返しにいくのがいいのではないでしょうか。そして「ありがとうございました。無事出産できました」と報告入れるのもいいのではないでしょうか。

 

お守りをいただくのは戌の日からでないと駄目というわけではありません。戌の日に体調が優れない場合は、別の日でも安産祈願は行ってますし、お守りも配布されています。あと、お守りは安産祈願だけでなく、子授かり用のお守りがあるのはご存知でしょうか。子どもがなかなかできなくて不安な場合、早く子どもが欲しい場合に貰いに行く方が多いです。子授かり用の神社もあるのでぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

 

ぜひ妊娠をしたら5ヶ月目に戌の日の安産祈願でお守りを貰いに行ってみてはいかがでしょうか。

関連ページ

妊婦の方は産婦人科を口コミで探す
妊婦で産婦人科を選ぶ際に口コミで探している方はいらっしゃいませんか。
妊娠5ヶ月目の妊婦は帯祝いをしよう
妊娠5ヶ月目を迎える妊婦は、戌の日に帯祝いを行います。
妊娠5ヶ月目にはぜひ戌の日のお祝いをしよう
妊娠をしてから5ヶ月目に入ってやる行事が戌の日の安産祈願です。
妊婦の体調を管理しよう
妊婦の体調はしっかりしていますか。
妊婦の妊娠5ヶ月目に行うことについて考えていこう
妊娠5ヶ月目の妊婦の方はどのようにお過ごしでしょうか。
妊婦の方はマタニティを購入しよう
妊婦の方はマタニティの準備を行っていますか。
妊婦の方はマタニティウエアの通販を利用しよう
妊婦の方でマタニティウエアを通販して方はいませんか。
妊婦の方は胎教でコミュニケーションしましょう
妊婦の方は、赤ちゃんにとってよい胎教とはご存知でしょうか。