妊娠したい場合には妊娠力をつけましょう

妊娠したい場合には妊娠力をつけましょう

妊娠したい場合の妊娠力とはご存知でしょうか。妊娠力とはなかなか妊娠できない場合に、ホルモンなど妊娠しやすい体を作っていくことを意味しています。ではどうしたら妊娠力がつくのでしょうか。

 

まず妊娠力に必要なのは栄養だと思います。特に必要とされているのはビタミンです。主にビタミンでおすすめするのは、いちごや柿などの果物や、ブロッコリーなどの野菜です。もちろんビタミンだけでなく他の栄養もバランスよく摂ることが大事です。食事として和食にすることをおすすめしています。和食の方が洋食よりバランスがとれやすくなっております。

 

なかなかビタミンが摂れない場合にはサプリメントも勧めています。ビタミンのサプリメント一粒で何倍ものビタミンを摂ることができるので、もしビタミン不足であればサプリメントにしてみてはいかがでしょうか。

 

他にも妊娠力をよくする方法として入浴がおすすめです。入浴は体の血行をよくする効果があるので最適です。入浴する際に気をつけることは30分くらいの入浴にすることです。短すぎても効果はありませんし、長すぎたら身体によくありません。それから入浴は熱めのお湯より、ぬるま湯がいいです。ぬるま湯の方が血行がよくなりやすいと聞きます。そして何より気をつけなければいけないのが体を冷やさないことです。体を冷やすことは赤ちゃんによくないので気をつけてください。

 

ぜひ妊娠を目指している場合には妊娠力をつけてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

妊娠力をあげるためにセルフケアを行い、妊娠しやすいようにしましょう
なかなか妊娠できない場合に妊娠力をあげる方法があるのですが、セルフケアについてご存知でしょうか。
妊娠力をアップさせ妊娠させよう
妊娠ができなくて困っている場合に、妊娠力をアップさせるにはどうしたらよいのでしょうか。
妊婦の気になる基礎体温について考えよう
妊婦は基礎体温が高いのはご存知でしょうか。