妊婦の体重に注意しよう

妊婦の体重に注意しよう

 

妊婦になると体重が増えやすくなります。妊婦の方の定期健診で毎回体重測定が行われます。その時に、増えすぎると注意を受けます。

 

体重が増えすぎると妊娠中毒症になる恐れがあるので注意しなければなりません。他にも分娩時に産道が開きにくくなるのでスムーズに産まれなくなるので大変です。そのためにも急激な体重増加を抑え、きちんと体重管理をしなければなりません。

 

妊娠中の理想な体重増加は、妊娠前から8キロから10キロぐらいが理想的です。この内訳として、まず赤ちゃんが3キロ、胎盤、用水や1キロ、皮下脂肪や血液が5キロぐらいだと言われています。痩せ型の場合には12キロぐらいでも大丈夫だそうです。妊娠中期まではあまり増えなかったが、妊娠後期になると急激に体重が増えてきているという妊婦さんをよく聞きます。

 

では体重の増加を抑えるためにはどうしたらよいのでしょうか。体重のコントロールに日々やっておくことは運動と食事の管理です。食事は食材に偏りすぎたり、油を多く含んでいると太りやすくなるからです。なるべく、油の量を抑えて、和食中心の食生活を心がけるようにしましょう。砂糖の摂りすぎにも注意してください。妊婦になると甘いものが好んでしまうがちなので、気をつけなければなりません。手作りのお菓子などで糖分を抑える方法もよいと思います。

 

運動では妊娠中期ぐらいから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。特におすすめなのは妊婦体操やウォーキングです。ウォーキングに関しては歩くだけなのでとても簡単で気軽にできると思います。妊婦の方は体重の増加に注意しましょう。

関連ページ

便秘対策を行い充実した妊婦生活をおくろう
妊娠が発覚して嬉しいこともあれば悩むこともあります。悩むことの一つとして便秘があります。妊婦は特に便秘がしやすいです。では便秘対策にはどうしたらよいでしょうか。
妊娠して産婦人科を食事で選ぶ
妊娠したら産婦人科に通いますが、食事にはどういったものがあるのでしょうか。
妊娠届を提出して定期健診の公費を受けよう
妊娠した場合には妊娠届を出して、母子手帳の交付を受けます。その際に定期健診の公費を受けることができます。
妊娠帯で妊娠の腰痛を抑えよう
妊娠をした際に妊娠帯は装着しているでしょうか。
妊婦さんの母子健康手帳などの基礎知識
初めての妊婦なって、喜びのほかに誰もが戸惑いも感じるようです。ちゃんと育てていけるかとか健康に生まれてきてくれるかなどと言った心配も出てくるとは思います。妊娠したら大事なのが母子健康手帳です。
妊婦の方は妊娠届を提出して定期健診の紙を受けとろう
妊婦になった場合には、各市町村に妊娠届を提出します。そして母子手帳と一緒に定期健診の紙を受け取ります。
妊婦体操やウォーキングを行い妊娠中の体重増加を防ごう
妊娠中で体重増加に気になるかたはいらっしゃいませんか。体重増加を抑えるには妊婦体操やウォーキングが効果的です。
母子健康手帳で妊婦と赤ちゃんの記録を見てみよう
妊婦の方は母子健康手帳が必要なのはご存知でしょうか。
水泳で妊婦の体を丈夫にしていこう
妊婦でも水泳はできるのでしょうか。
しっかりとした栄養管理を行い妊婦生活を送ろう
特に妊婦は栄養管理には気をつけなければなりません。
太り過ぎたら妊婦体操で妊婦の体重を抑えよう
妊婦の方で太り過ぎと注意された場合には、ぜひ妊婦体操をおすすめします。
妊娠時期によって妊婦の食事を気をつけよう
妊婦は妊娠時期によって食事に気をつけなければなりません。
妊婦の方は太り過ぎて妊娠中毒症に注意しよう
妊婦が太り過ぎると妊娠中毒症になりやすいのはご存知でしょうか。
妊婦の方は妊婦体操を行い腰痛を改善しよう
妊婦の方で腰痛を改善するには妊婦体操をおすすめしております。
妊婦は体温があがりやすいです
妊婦は特に体温が高くなりやすいのはご存知でしょうか。
有酸素運動におすすめな妊婦体操について
妊婦体操は妊娠している妊婦の方におすすめな有酸素運動です。
運動をして妊婦生活を乗り切ろう
妊婦でも運動が必要なのはご存知でしょうか。
運動不足解消のために妊婦体操をやってみよう
妊娠中は運動不足になりがちです。運動不足解消のために妊婦体操をおすすめしております。