妊娠帯で妊娠の腰痛を抑えよう

妊娠帯で妊娠の腰痛を抑えよう

 

妊娠をした際に妊娠帯は装着しているでしょうか。妊娠をしたら、お腹を抑える役割として妊娠帯をつける方が多いようです。妊娠帯は腹帯と違い、腹帯を使いやすくしたものが妊娠帯です。

 

妊娠帯の装着によってお腹の負担を和らげる効果や、腰痛を抑える効果があります。それから妊婦はお腹を冷やしていけないので、お腹を守る役割も果たしております。妊娠帯をすることによってお腹の赤ちゃんを大切にするという意味も持っており、多くの妊婦の方に購入されております。

 

さて、妊娠帯をつけるのは大体妊娠5、6ヶ月ぐらいが多いようです。その理由として、5ヶ月ぐらいから胎動が始まり、お腹も大きくなっていきます。胎動が始まると、赤ちゃんの動きも活発になってくるということで妊婦に負担がかかるからです。つまりお腹のガードルということです。

 

妊娠帯は様々な場所で購入することができます。主にマタニティ用品を取り扱っているお店や、インターネット通販サイトで購入が可能です。妊娠帯にも様々ありますが、どれがよいか悩んでいる場合には口コミなどを参考にするとよいでしょう。口コミはインターネットサイトで調べたり、周りの情報をもとにすることで大変参考になります。

 

妊娠帯は産後に大変役にたちます。妊娠帯を装着しない妊婦より、装着している妊婦の方が腰痛が軽いようです。出産後に少しでも楽になる場合には妊娠帯の装着が効果があるようです。

 

ぜひ妊娠してお腹が大きくなったら、妊娠帯の装着をおすすめいたします。

関連ページ

便秘対策を行い充実した妊婦生活をおくろう
妊娠が発覚して嬉しいこともあれば悩むこともあります。悩むことの一つとして便秘があります。妊婦は特に便秘がしやすいです。では便秘対策にはどうしたらよいでしょうか。
妊娠して産婦人科を食事で選ぶ
妊娠したら産婦人科に通いますが、食事にはどういったものがあるのでしょうか。
妊娠届を提出して定期健診の公費を受けよう
妊娠した場合には妊娠届を出して、母子手帳の交付を受けます。その際に定期健診の公費を受けることができます。
妊婦さんの母子健康手帳などの基礎知識
初めての妊婦なって、喜びのほかに誰もが戸惑いも感じるようです。ちゃんと育てていけるかとか健康に生まれてきてくれるかなどと言った心配も出てくるとは思います。妊娠したら大事なのが母子健康手帳です。
妊婦の体重に注意しよう
妊婦になると体重が増えやすくなります。
妊婦の方は妊娠届を提出して定期健診の紙を受けとろう
妊婦になった場合には、各市町村に妊娠届を提出します。そして母子手帳と一緒に定期健診の紙を受け取ります。
妊婦体操やウォーキングを行い妊娠中の体重増加を防ごう
妊娠中で体重増加に気になるかたはいらっしゃいませんか。体重増加を抑えるには妊婦体操やウォーキングが効果的です。
母子健康手帳で妊婦と赤ちゃんの記録を見てみよう
妊婦の方は母子健康手帳が必要なのはご存知でしょうか。
水泳で妊婦の体を丈夫にしていこう
妊婦でも水泳はできるのでしょうか。
しっかりとした栄養管理を行い妊婦生活を送ろう
特に妊婦は栄養管理には気をつけなければなりません。
太り過ぎたら妊婦体操で妊婦の体重を抑えよう
妊婦の方で太り過ぎと注意された場合には、ぜひ妊婦体操をおすすめします。
妊娠時期によって妊婦の食事を気をつけよう
妊婦は妊娠時期によって食事に気をつけなければなりません。
妊婦の方は太り過ぎて妊娠中毒症に注意しよう
妊婦が太り過ぎると妊娠中毒症になりやすいのはご存知でしょうか。
妊婦の方は妊婦体操を行い腰痛を改善しよう
妊婦の方で腰痛を改善するには妊婦体操をおすすめしております。
妊婦は体温があがりやすいです
妊婦は特に体温が高くなりやすいのはご存知でしょうか。
有酸素運動におすすめな妊婦体操について
妊婦体操は妊娠している妊婦の方におすすめな有酸素運動です。
運動をして妊婦生活を乗り切ろう
妊婦でも運動が必要なのはご存知でしょうか。
運動不足解消のために妊婦体操をやってみよう
妊娠中は運動不足になりがちです。運動不足解消のために妊婦体操をおすすめしております。